la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:お料理( 90 )



a0330332_21085754.jpg


焼き茄子が大好き。

サロンレッスンでも、焼き茄子のゼリーテリーヌ、柿ソースや、冷製ポタージュ等々ご紹介しましたね。

今夜は、お魚屋さんで旬のいい鰹があったので、新しい一皿をと。

焼き茄子の鰹タルタル掛け

簡単にレシピをご紹介

茄子は、しっかり焼いて皮を剥きます。
お造り用の鰹は、小さな角切り、茗荷はみじん切り、生姜は針生姜(みじん切り)、塩、コショウ、薄口醤油、オリーブオイル、
お好みでワインビネガーかレモン汁少々を混ぜて、パティオからのシブレットとイタリアパセリのお花も。
それを、冷た〜くして、焼き茄子の上に盛ります。

アレンジで、逆バージョンも美味しいですよ。

スライスした鰹に、細かく切った焼き茄子、以下同じ、を混ぜて
冷やして掛けます。
鰹の焼き茄子ソース掛け。
こちらは、カルパッチョぽいかしら。

焼き茄子の焦げた風味が、鰹のタタキと通じる味わいがあり、
なかなか、美味しい組み合わせですよ。


同じ食材で、色々考えるのも楽しいですね。




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-06-06 21:07 | お料理 | Comments(0)

おうちゴハン


a0330332_15120808.jpg


a0330332_15103092.jpg



親子そろって、点心大好き!!

海鮮スープ餃子を作りました。
皮は、小龍包のように薄く延ばしています。


大きなおチビさんが、まだベビーカーの頃から、
福臨門さんへお伺いして、スープだけ飲んでいました。

福臨門のふかひれスープ餃子が大好きだったので、
懐かしく思い出しながら、作ってみました。




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-05-21 15:18 | お料理 | Comments(0)

ガレット・クレープ



a0330332_11064892.jpg




うめはんで、開催されているフランスフェアーに行ってきました。

ガレットのイートインがあったけど、長蛇の列で断念。
お家で作って頂きました。
そば粉がなかったので小麦粉で


これは、コンプレ
ハム、チーズ、卵の全部入り。

パリに居た時は、気軽なクレープリーで、ハムとチーズ
甘い系なら、シンプルにお砂糖とバターのみて決まってたかな。
シードルも。



スーパー帰りに歩き食べもしたなぁ~
若かったなぁ~

懐かしく思い出しながらのランチタイム




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-03-14 11:18 | お料理 | Comments(2)

お雛祭り


a0330332_21264441.jpg

今日は、3月3日 お雛祭り です。
女の子のお節句
毎年、おウチお雛の会をします。

a0330332_21280444.jpg


白酒には、桃の花びらを



a0330332_21270415.jpg



a0330332_21274948.jpg




お雛の膳のお献立は、

雛ちらし・・・蟹や海老、いくら、鮪等々と菜の花
蛤と加賀麩のおすまし
赤貝とうるい、みつ葉の洋風ぬた。フロマージュブラン、白みそ、マヨ等
であえて、つぶつぶマスタードをトッピング。  帛紗玉子
桜鯛の潮締め、菜の花ソース
チキンロールの塩麹味、漬けビーフ、フォアグラの干し椎茸ソース、蕾菜
帆立とお豆のハーブバターソテー、黒ゴマソース

でした。

お三時には、お友達から今日届いた大大大好きな、お菓子司、京富さんの
華ふうせんと塩芳軒の雪まろげや雛あられを桃色の汲み出しで。
グラデーションが美しいので、全部並べてみたの



a0330332_21284133.jpg

a0330332_21282720.jpg


行事、歳時のお食事は、母がとても大切にしてきた事
母から貰った幸せを娘にもしてあげたいと思うのです。
そして、いつか、娘も・・・と。

もし、手作りできなくて、デパ地下で買ったとしても、お吸い物だけでも
おウチで作ってくれたら、お気に入りの器に盛ってくれたらと・・・

何か事情があって、何も手を加えられなくて、お惣菜そのままでも、
今日は、お雛さんだね、女の子のお節句ね、とお祝いして欲しいな。

何もしない、いつもと同じ、っていうのが、一番悲しいな。

実家では、両親2人だけど、母はちらし寿しを作って
工夫した八寸を用意して、父とお雛祭りをしているみたい(笑)
そんな、母に育てられたから、私があるんだな。
いつまでたっても、追いつこうにも追いつけない・・・・・。




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-03-03 22:04 | お料理 | Comments(0)

春キャベツ


a0330332_09222361.jpg


春キャベツの炒めピクルス

春キャベツの甘味が炒めるとより感じるから
薄い葉先が少し焦げる…それが好きかな。

オリーブオイルにアンチョビを入れて春キャベツを加えて
ササッと炒めて、ローズマリーとピクルス液をジャッー

出来立てもいいけど、冷たくして頂くと美味しいの。



ブルーのスリップウエアーは、市野雅利さんのもの・・・ココチ舎さんで。


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-02-18 09:31 | お料理 | Comments(0)

うるい


山菜が出回る季節になりました。
春の息吹を感じますね。


a0330332_03185062.jpg


うるいも、大好き。

インスタにポストした、ローストビーフに添えたのは、うるいクリーム


a0330332_02442243.jpg


a0330332_02444908.jpg

刻んだうるい、アボカド、おろしわさび、塩少々、をマスカルポーネチーズに合わせます。
簡単ですが、ポイントは、アボカドは、1番最後に、サッと混ぜる事かしら。
アボカドが潰れ過ぎると、うるいの良さが隠れて、アボカドクリームになっちゃうから。

山菜には、大地のような、川淵直樹先生の
南蛮焼、焼締がよく似合う。



もう一品は、

a0330332_03363644.jpg


以前、サロンレッスンでも、ご紹介した、サーモンマリネ。
程よく、水分が抜けあぶらののったサーモンマリネには、うるい、玉ねぎ、
青ネギ、ビネガー、オリーブオイルなど合わせた、サッパリソース。


短い期間だけの、旬なおうちごはん。


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-02-12 03:19 | お料理 | Comments(0)

先日、お友達をお招きして、新年会で、中国茶会とランチをしました。


a0330332_17065613.jpg

お茶会のお茶は、岩茶の佛手と大紅袍をお淹れしました。
a0330332_17153044.jpg



佛手はこちら。黒とシルバー、ガラスで、
伊藤剛俊さんや、川戸圭介さんやバカラ等を使って。


a0330332_17054229.jpg


a0330332_17112343.jpg



大紅袍は、朱や錦手、茶系で、
小茶盤を用いて、骨董品を使って。


a0330332_17395741.jpg



お菓子は、お食事前なので、ナッツやドライフルーツなどを
伊藤剛俊さんのケーキスタンドに。
お取り皿は、骨董店で見つけた、椿と若松の蒔絵皿。


a0330332_17131919.jpg


お茶会の後は、皆が、楽しみにしていたお食事ですよ。

ジンジャーワインのソーダ割りで乾杯をして、

小皿料理をまずは、お出ししました。

a0330332_17221282.jpg

一番背の高いグラスから、時計回りに

フルートグラス青菜のクリーム、黒豆のスープ、カプチーノ風
トップの串刺しは、枝豆、フォアグラ紹興酒みそマリネ、黒豆

サトイモのパンロール揚げ、コチュマスタード

切干大根と搾菜ホタテのあえもの

中華風セロリとフォアグラの水餃子

赤えびの紹興酒漬け、アブルーガキャビアのせ

スペアリブの柔らか黒酢酢豚

蓮根餅の皮蛋とスモーク玉子のソース

中央のピンクのハンカチのようなひらひらには、スミレを閉じ込めた
ゼリー・・・カワイイ!!てお声が上がりました・・・ウレシイ

その下のグラスには、なすのと蟹のスープゼリーフレッシュトマトソース


a0330332_17093129.jpg

熱々のお料理は、おっきな肉団子とはるさめ、菜の花のスープ煮
これは、以前エミ先生に教えて頂いたお料理をアレンジして、
色々な物を足したり引いたり変えてみたりと・・・試行錯誤完成品

ご飯は、あわびのおこわ、紅大根と金柑のピクルス添え


a0330332_17104588.jpg


アワビは、柔らか煮にして、その煮汁でおこわを炊いて、後から
のせています。


デザートは、マンゴたっぷり自家製マンゴアイス最中と抹茶ケーキ

コーヒーで〆。


a0330332_17073152.jpg



仲良しのみんなとお食事しながらのお喋りは、とっても楽しい
お時間でした。

お料理の下準備や器選び・・・・


a0330332_17145856.jpg


a0330332_18065040.jpg

a0330332_18084015.jpg



a0330332_18072434.jpg



ちょっと大変な時もあるけど、楽しい会を想像すると
それも、楽しい事になっちゃうから、不思議よね。



小さな小さなお土産を



a0330332_18150741.jpg


楽しいお時間はあっという間に過ぎて次回のお約束をして解散・・・・

お片付けが終わって、残ったシャンパンを頂いて・・・・


a0330332_17075488.jpg





a0330332_17063892.jpg

















にほんブログ村


by 2007skt | 2017-02-06 18:26 | お料理 | Comments(4)

おうちお昼ごはん


先日、インスタにポストした、「漬けまぐろ丼のとろろ掛け」


a0330332_08515071.jpg


簡単に作り方をご紹介しますね。
2人分として
食べやすく切ったまぐろを漬けにします。
漬けダレは、ダシ醤油(濃縮つゆでも)にみりん(気になるなら煮切って)少々
を加え、新鮮な生卵黄1つを入れてよく混ぜて、まぐろをからませて漬けます。

その間に、山芋(長いも)を切ってハンドブレンダーでトロロにして
残った卵白1つ分、薄口醤油か白だしを少々いれ、さらにブレンターにかけて
ふわっふわにします。

ごはんに、漬けまぐろ、残ったタレ、お好みで、のりやごま、ネギ、わさびなど
をのせて、とろろを掛けて頂きます。

卵黄が入るので、まったりとして、美味しいの。
だから、まぐろは赤身がおすすめ。本まぐろでなくても、キハダやメバチでも。

このトロロ、以外とローストビーフ丼にかけても、GOOD!!
↑ ↑ トロロ好きの私です。


添え野菜のこちら


a0330332_08510811.jpg


根っこがついたままのつまみ菜
クレソンのようなお味で、新鮮美味
クレソン好きなのでそのままでもヘイキだけど、ホワイトバルサミコ少しかけて
お気にいりのガラスボールに。

うつわ謙心さんでみつけた、アトリエえむにのもの
口のラフな作りとすぼまった高台のような底がよいなって。


インスタグラム
@la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-01-17 09:26 | お料理 | Comments(0)

小正月~小豆粥~


15日の今日は、小正月なので、小豆粥を炊きました。


a0330332_01350390.jpg



関西では、今日、鏡開きにされているお家も多いと思いますが、
我が家は、実家にいた頃から、一般的に鏡開きの日とされている
11日に、お飾りを下しています。
というのも、15日の今日は、朝に、どんど焼きが行われる、
氏神様神社でお飾りを焼いて頂かないとならないので、昨日までに、
係りの方にお預けしないといけないからです。

小豆粥は、お出かけから帰宅した娘と一緒に、無病息災を祈願して頂きました。

小豆粥には、昔、どんど焼きの時、竹に挿したおだんごやお餅を
焼いていたという習わしにちなんで、竹串に挿した焼きもちと
少し贅沢をして、ふぐの白子焼きをのせました。

お飾りのお下がり、橙で酢の物を。
これは、母がしている事なので、私も。

お出したっぷりのだし巻や海老の天ぷら、佃煮など。
なんてことない、普通のおかずだったのに、
朝食は食べずにお出かけして、ランチは外食だった娘が、
「あ~~、やっぱり、お家ご飯は、美味しいねぇ~」
と、しみじみ、でも、何気な~く言ったその言葉が、
とっても嬉しい、今夜でした。

今朝は、このあたりでは、珍しく雪がつもりましたよ。


a0330332_01342642.jpg


シュシュには、初雪、初体験。
地面に下ろしたら、びっくりしてあんよを、すくめるしぐさが、
とても可愛らしかったです。


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-01-16 02:05 | お料理

a0330332_05451804.jpg

年末から、この、川勝先生の銀のお重に詰めるおせち料理を作り始め、
大晦日に完成!!
元旦は、これを抱えて実家に向かい、新年のご挨拶です。



a0330332_16131859.jpg


何を作ったの~??って嬉しいお尋ねを頂いたので

お献立をご紹介させて頂きますね。
ウチは、子供から両親まで、お酒飲まないオトナ達、大好きな私、
お肉好き、お魚ちょっとニガテさん、お好みもそれぞれ。
定番あり、新作あり、改良版あり等。

年末、準備の為に、デパ地下やスーパーに行くと、美味しそうな
ローストビーフや焼き豚、ハムに焼き魚、オードブル達が並んでいます。
それを見ちゃうと、心折れそう(笑)になりますが、
「楽しみにしてるね~」を励みに・・・。

あっ!!紅白かまぼこや、黄色い栗は買いましたよ。



a0330332_16112910.jpg


一の重
柚子釜鯛昆布締め、いくら醤油漬け、あわび柔らか煮、数の子、エビ艶煮、
伊達巻、紅白蒲鉾、黒豆、焼き栗甘露煮、蟹酢、菊花かぶら、巻きサーモン、
五色酢蓮、干支大根、瓢きゅうり



a0330332_16120219.jpg



二の重
蒸しウニすり身、牡蠣ピリ辛煮、鯛の子旨煮、百合根、撚りこんにゃく、
煮昆布、帛紗玉子、とうもろこし入り蒸しすり身、エビサラダ、焼き鮭
焼き鯛、レーズン、松の実のしぎ焼き、栗渋皮煮、帆立生ハム巻き、
燻製うずら卵、フォアグラ西京漬け


a0330332_16124296.jpg



三の重
ローストビーフ、マッシュルームバルサミコソテー、カモロース、クレソン、
焼き豚、肉巻き、梅人参、黒酢酢豚、銀杏、赤酢鳥ケチャップ、たたきごぼう、
ローストポーク、さやいんげん、明太鳥ハム、菜の花

作り方、お尋ねあれば、ご遠慮なくお電話やメッセージ下さいね。



お煮しめと、田作りがないのは、み~んな、母のお煮しめが大好きで
田作り上手な、母担当です。
私も、とっても楽しみなの。

この、お重、丸くて深いので、埋めづらいですが、使っているうちに
だんだん、なれてきました。


私は、お重詰めにプラスチックのハランやカップが見えてしまうのは、
あまり好きではありません。
とはいっても、使わないのでは、ないんです。
お汁が流れないよう、見えないように下には、使っています。

最近は、有名なお料理屋さんのお重も、誰が詰めてもきれいに
みえるように仕切りがあったり、分業できるように、きれいな
カッブにいれて詰めてあったり・・・ですね。

私は、裏白や譲り葉、葉野菜を使っています。
彩りや向き等、なかなか難しいですが、自分なりに工夫して
頑張っています。

おせちは、縁起物、おきまりも沢山ありますが、
それを踏まえて、家族が喜んでくれるお献立でいいんじゃないかな、
って思っています。


実家では、母のお料理と一緒に・・・


a0330332_17053922.jpg




新年には、縁起の良い名前のシャンパーニュやお酒を頂きました。


a0330332_17040509.jpg




皆様、今年も、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。





にほんブログ村


by 2007skt | 2017-01-08 17:10 | お料理 | Comments(0)