la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お料理( 96 )



インスタにポストしたこちら、スイカのジュースコンテナー
皆様から、作り方のお問い合わせを頂いたのでアップ致しますね。


a0330332_23314340.png


スイカは底を切り、安定させて後ろ側を切り中身をくり抜いて
(もう少し小さい切り口でもよいですよ)

a0330332_23330654.jpg


前に蛇口を出す穴を開けます


a0330332_23324609.jpg


蛇口は、2~3Lサイズぐらいのペーパーボックスワインの空の中袋を上を切り、洗って再利用します


a0330332_23321752.jpg


くり抜いた中身のスイカは、切ってザルに入れ潰して果汁だけにして
カスと種は、使いません。

甘いので、レモン汁を少し加えると、お味がしまります。

スイカに中袋を入れて、蛇口を出して、漉したジュースを入れます。

ワイン用なので、水状の飲み物でないと詰まりますから、要注意‼︎

屋外のパーティーやバーベキュー、シーサイドランチなどにあると
楽しい雰囲気になりますよね。
オトナ会なら、ウォッカなど入れてカクテルにしても。

ちびっこたちのお集まりには、大人気だと思いますよ
夏休みに是非!!

ジュースが出る動画をインスタにポストしています。


instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-08-12 23:35 | お料理 | Comments(0)

おうちごはん


最近の、おうちごはんの一品をいくつか


京都のお料理屋さんでいただいてから、
桃の天ぷらがお気に入り。イチジクも。

赤ワイン塩で頂きます。

a0330332_22161831.jpg



夏の関西は、鱧ですね。
淡路島の鱧と玉葱、鳴門わかめのかき揚げ
骨切した鱧は、細切りにします
小エビ天と

a0330332_22155720.jpg



この時の鱧の骨は、2日ほど風干しして、揚げて骨煎餅にしました


a0330332_22153044.jpg


門真蓮根の焼酎、蓮宴のお供に。
焼酎を飲むことはありませんが、珍しい電球瓶が
おもしろかったのでかってみました。


a0330332_22182885.jpg


頂き物の雲丹をたっぷり盛ったウニのフラン、ブルーチーズソース
蒸し上がる直前に雲丹を載せて軽く火を入れます。



a0330332_22170026.jpg



ピーマンとチリメンジャコの豆鼓炒め
冷奴にのせてもおいしいです。


a0330332_22192904.jpg



エビのスパイシーソテー、以前ロスで買った
アメリカンスパイスを使って、殻つきソテー


a0330332_22194965.jpg



お馴染みのお魚屋さんで、美味しそうなオコゼを見つけたので
早速、から揚げにして中華ソースをかけました。


a0330332_22172773.jpg


鯛のお造りですが、皮目にお湯を掛けて、サッと炙って松皮に


毎日のご飯なので、シンプルなものが多いですね。



instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-08-11 23:25 | お料理 | Comments(0)

エクレール・サレ


先日、お伺いさせて頂いた、「鉄の民家」のサロンレッスンの
アミューズで頂いたのがこちらのエクレア
デザートでは、ないんですよ。


a0330332_19024969.jpg


お写真では見えませんが、たっぷりトリュフ入りクリームや
ビーツのペースト、エディブルフラワーがフィリングに入っています。
とてもリッチな味わいの、ワインに合う、エクレアでした。

早速、復習!!
とっても久しぶりに、シュー生地を焼きました。

a0330332_19002016.jpg




ですが・・・・
おうちには、トリュフもビーツもエディブルフラワーもなかったので
アレンジしたフィリングで作ってみました。


a0330332_19010192.jpg




エディブルフラワーは、テラスのハーブで

トリュフの代わりに、クリームチーズにブラックオリーブをまぜこんで、
そして、これがキメテ!!
トリュフオイル

a0330332_19021911.jpg



私は、サマートリュフを使う時など、香りのお助け役として
トリュフオイルを使います。
流行りの、トリュフ小龍包を作るときに入れたり・・・

最近は、手に入りやすくなっていますよね、
とはいっても、小びんでも高価ですし、使い切らずに置いておくと
香りもとんで、オイルは酸化し劣化してもったいないなて思っていたところ
スーパーで、これを見つけた時に買っていたので、使ってみました。
これは、イタリア産の白トリュフオイルの少量パックのおりこうさん

ビーツの代わりは、先日、京都で買った刻みしば漬け。
色が似てるし・・・入れてみよ
酸味がきつくない、お漬物屋さんのお野菜しば漬けが
クリームチーズとなかなか合うのよ。



a0330332_19031887.jpg




両手じゃないと、持てないぐらいの大きな、素敵なゴブレットに
ノンアルのモヒートで、のどを潤して、スタートしたサロンレッスンで頂いた、
リッチなトリュフのエクレアとは、別物になってしまった復習
先生、すみません(><)

そんな、私のエクレールサレですが、
それなりに、美味しかったから、よし!!としよ。


instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-07-23 01:20 | お料理 | Comments(0)

a0330332_20285558.jpg


祇園祭の頃は、鱧が食べたくなりますよね。
先日は、骨切をして、焼き霜造りをしましたが、
今回は、鱧の押し寿司(箱寿司)にしました。

私は、棒寿司の時は、骨切りをした、たれ焼きの姿のままで、
押し寿司の時は、皮を引いて、身だけを叩いてそぼろにします。

簡単に作り方をご紹介

タレ味の方は、お醤油、みりん、お酒で炒り煮
すし飯は、すぐきのお漬物を細かく切って混ぜています。
間に、干ししいたけの旨煮、天に実山椒

塩味の方は、塩麹、お酒、ほんの少しのみりんで炒り煮
すし飯は、柴漬けを刻んで混ぜています。
間に、干し椎茸の旨煮、天に紅塩

箱か、型に入れてしっかり押して整えます。

先日、京都へ行った際に、お漬物を買いましたので、使ってみました。
どちらも、酸味のあるお漬物なので、混ぜるだけでOKです。
京都らしい、アレンジかな、と思います。

引いた皮も無駄にせず、湯引きにして、冷水にとり
バジルとセミドライトマト、オリーブオイル、レモンで和えてイタリアンに。


定番お寿司も美味しいけど、こんな、アレンジもたまには、いいですよ。


オールドバカラの長皿はアールデコっぽいところがお気に入り
カクテルグラスの方は、小鉢使いにしています。

instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-07-18 20:53 | お料理 | Comments(2)

最近のおうちごはん


ここ最近、作ったおうちごはん。
暑くなって食欲も落ちてくる、この頃。
栄養も考えて、楽しくお料理しています。

カオマンガイ。
久しぶりに作りました。
簡単炊飯器任せのレシピではなく、まず、チキンスープをとってからごはんを炊いて。
胸肉は、ぎり!!の火通しで、しっとり、しっとり、あくまでしっとり


a0330332_15115227.jpg




嬉しい頂き物の名店の鰻の白焼きで、櫃まぶし
お酒を振って、さっと焼きます。
たれを掛けて、又サッと香ばしく。


a0330332_15100367.jpg


もう一品、鰻の棒鮨
薬味一杯のすし飯はオリジナルレシピ。


a0330332_15104618.jpg



下ごしらえして、冷凍している実山椒を使って
しののめ風ふんわり色白ちりめん山椒。
ご飯に、たぷりかけて。


a0330332_15122618.jpg


錦市場で買ってきた、おさしみ湯葉のてんぷら。
白子のようです。


a0330332_15130196.jpg


ほわほわの、手作りリコッタチーズ、水ナス、エビのごまみそサラダ。
少し酸味をきかせて、さっぱりと


a0330332_15133475.jpg




何でもないお料理だけど、美味しく、楽しく、喜んで
食べても貰えたら幸せ。




instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-07-11 15:26 | お料理 | Comments(0)

a0330332_15544999.jpg




これが、シレギ(大根葉を干したもの)
TVやSNSで、これを使ったシレギスープがとっても美味しい
と知り、食べてみたいな~と思っていました。
どうやら、ソウルフード的な位置づけらしい。

春に、初韓国旅行へ行った際に、デパ地下でゲット。
スーツケースに詰め込んで持ち帰りました。


使い方、作り方がわからないので
韓国料理教室「遊食」の張先生にレッスンをお願いして、
いつもの「韓国宮廷料理を学ぼう」会メンバーが集まりました。

a0330332_15535271.jpg



食器のコーディネートは、私担当。
最近、韓国料理を、モダンな洋食器、スタイリッシュな和食器、
きれいなガラス器等に素敵にセッティングされているのを多くお見かけするし
前回は、私もそんな感じで、洋食器でしたから、
今回は、九谷や伊万里等の和食器や骨董、唐物で、ご用意しました。
和食器は、5客揃えなので足りないので、2パターンで。

a0330332_15542242.jpg




先生が、お料理全て下準備されて、お持ち下さったので、
私たちは、デモを拝見し、ご説明を書きとめるだけ。
あっという間に、ランチタイム、ビアカクテルでスタート。

手前が、シレギスープ。1日戻して下処理して使います。
大きな煮干しとスジ肉の美味しいお出汁で、滋味深いです。
海鮮チャプチェは、とても丁寧に其々別々に炒めていきます。
韓国かぼちゃの炒め物の餅生地巻
これは、生地から作って焼いて、モチモチでおいしい~!!
大根のキムチは、あっという間に出来上がる作り方・・・なのに
インスタントではありません。本格派。
玄米ご飯に、中華風の冷やし茶碗蒸しを添えて。

張先生の韓国料理は、宮廷料理なので、キムチ以外は、辛すぎくなくて
あっさり、旨味のあるお味です。

最後のデザートは、簡単に自家製梅酒ゼリーを、大きく作って
フルーツやお野菜のシロップマリネを添えて、お取分けして頂きました。


a0330332_18150489.jpg


a0330332_18151914.jpg




冷た~いお茶は、紅茶好きさんなら、ファンも多い
ロンネフェルトのカモミールと柚子茶をブレンドした冷茶を蓋碗でお出しました。
先生が、このオリジナルブレンド、美味しいわね!!て
とっても嬉しかった~♪


今回も、メンバーみんな大満足!!とっても喜んでいました。
先生、有難うございました。

さてさて、残った、冷蔵庫の戻したシレギ、早く使わなくっちゃ、と思い、
うちにあった物で、お惣菜3品、作ってみました。

まずは、シンプルにナムル。

a0330332_15554624.jpg



煮干しのお出汁がよく合っていたので、お魚系でと思い
ツナと卵とシレギの炒め煮。
ツナ缶の缶汁がいいお出汁になって、ご飯によく合うよ。

a0330332_15552010.jpg



あっ!!頂いた宮崎の切干(割り干)があった事を思いだし
韓国の葉っぱと日本の大根だけど、元の姿になるわ(笑)と
昆布と干し椎茸で、お精進な煮物、実山椒ぱらぱら。
張先生特製コチュジャン(←市販の物とは、別物!!です)をちょっとのせて


a0330332_15560466.jpg



未食の食材を知る事は、楽しくておもしろい。
シレギを食べることが出来て、大満足!!の私です。

張先生は、韓国宮廷料理教室「遊食」を主宰されています。
現在は、ご自宅教室は、お休み中で、出張レッスンをメインに
されています。そのご様子は、先生のブログにアップされています。




instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-06-29 06:44 | お料理 | Comments(0)

a0330332_21085754.jpg


焼き茄子が大好き。

サロンレッスンでも、焼き茄子のゼリーテリーヌ、柿ソースや、冷製ポタージュ等々ご紹介しましたね。

今夜は、お魚屋さんで旬のいい鰹があったので、新しい一皿をと。

焼き茄子の鰹タルタル掛け

簡単にレシピをご紹介

茄子は、しっかり焼いて皮を剥きます。
お造り用の鰹は、小さな角切り、茗荷はみじん切り、生姜は針生姜(みじん切り)、塩、コショウ、薄口醤油、オリーブオイル、
お好みでワインビネガーかレモン汁少々を混ぜて、パティオからのシブレットとイタリアパセリのお花も。
それを、冷た〜くして、焼き茄子の上に盛ります。

アレンジで、逆バージョンも美味しいですよ。

スライスした鰹に、細かく切った焼き茄子、以下同じ、を混ぜて
冷やして掛けます。
鰹の焼き茄子ソース掛け。
こちらは、カルパッチョぽいかしら。

焼き茄子の焦げた風味が、鰹のタタキと通じる味わいがあり、
なかなか、美味しい組み合わせですよ。


同じ食材で、色々考えるのも楽しいですね。




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-06-06 21:07 | お料理 | Comments(0)

おうちゴハン


a0330332_15120808.jpg


a0330332_15103092.jpg



親子そろって、点心大好き!!

海鮮スープ餃子を作りました。
皮は、小龍包のように薄く延ばしています。


大きなおチビさんが、まだベビーカーの頃から、
福臨門さんへお伺いして、スープだけ飲んでいました。

福臨門のふかひれスープ餃子が大好きだったので、
懐かしく思い出しながら、作ってみました。




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-05-21 15:18 | お料理 | Comments(0)

ガレット・クレープ



a0330332_11064892.jpg




うめはんで、開催されているフランスフェアーに行ってきました。

ガレットのイートインがあったけど、長蛇の列で断念。
お家で作って頂きました。
そば粉がなかったので小麦粉で


これは、コンプレ
ハム、チーズ、卵の全部入り。

パリに居た時は、気軽なクレープリーで、ハムとチーズ
甘い系なら、シンプルにお砂糖とバターのみて決まってたかな。
シードルも。



スーパー帰りに歩き食べもしたなぁ~
若かったなぁ~

懐かしく思い出しながらのランチタイム




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-03-14 11:18 | お料理 | Comments(2)

お雛祭り


a0330332_21264441.jpg

今日は、3月3日 お雛祭り です。
女の子のお節句
毎年、おウチお雛の会をします。

a0330332_21280444.jpg


白酒には、桃の花びらを



a0330332_21270415.jpg



a0330332_21274948.jpg




お雛の膳のお献立は、

雛ちらし・・・蟹や海老、いくら、鮪等々と菜の花
蛤と加賀麩のおすまし
赤貝とうるい、みつ葉の洋風ぬた。フロマージュブラン、白みそ、マヨ等
であえて、つぶつぶマスタードをトッピング。  帛紗玉子
桜鯛の潮締め、菜の花ソース
チキンロールの塩麹味、漬けビーフ、フォアグラの干し椎茸ソース、蕾菜
帆立とお豆のハーブバターソテー、黒ゴマソース

でした。

お三時には、お友達から今日届いた大大大好きな、お菓子司、京富さんの
華ふうせんと塩芳軒の雪まろげや雛あられを桃色の汲み出しで。
グラデーションが美しいので、全部並べてみたの



a0330332_21284133.jpg

a0330332_21282720.jpg


行事、歳時のお食事は、母がとても大切にしてきた事
母から貰った幸せを娘にもしてあげたいと思うのです。
そして、いつか、娘も・・・と。

もし、手作りできなくて、デパ地下で買ったとしても、お吸い物だけでも
おウチで作ってくれたら、お気に入りの器に盛ってくれたらと・・・

何か事情があって、何も手を加えられなくて、お惣菜そのままでも、
今日は、お雛さんだね、女の子のお節句ね、とお祝いして欲しいな。

何もしない、いつもと同じ、っていうのが、一番悲しいな。

実家では、両親2人だけど、母はちらし寿しを作って
工夫した八寸を用意して、父とお雛祭りをしているみたい(笑)
そんな、母に育てられたから、私があるんだな。
いつまでたっても、追いつこうにも追いつけない・・・・・。




にほんブログ村


by 2007skt | 2017-03-03 22:04 | お料理 | Comments(0)