la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:お花( 13 )



a0330332_15324730.jpg


うちのパティオのピンクのバラが満開の5月に決まった
「PINK PINK の会」
ピンクが大好きな、Nセンセイと大心友Hちゃん
おねぇちゃまと慕ってくれるかわいいRちゃんで
やっと開催となります。

お迎えのお花達を準備しています。

お花が大好きです。
お花って、こちらが何もしなくても
ただ、観ているだけで幸せになれる
そこにあるだけでいい・・・・・





by 2007skt | 2017-10-04 15:42 | お花 | Comments(0)

a0330332_05295781.jpg

南禅寺 瓢亭で、 ご亭主高橋さんの、お茶花のお稽古にお伺いしました。
今回は、秋のお花で

毎回そうですが、各々、花入れが違うのでひとりひとりに、とても丁寧に
教えて下さいます。

先生のおちゃめなところも存じ上げていますが、お花と向き合われるときの
真摯な、そして丁寧な所作を、尊敬しています。



a0330332_05333947.jpg



お恥ずかしですが、私の・・・


a0330332_05331704.jpg

受け取った花入れの籠が、とても大振りで、中の落としも口が広く
花止めの下ごしらえもあり、難しかったです。
ウチなら、剣山を忍ばせたい思いに・・・


お稽古は、本店の大広間で、その前に、名物朝粥を頂きました。


a0330332_05290854.jpg


a0330332_05342305.jpg

名物瓢亭玉子

a0330332_05344822.jpg

鮎の塩焼きや、お豆腐のお椀

a0330332_05284716.jpg
最後に、お粥さんにあんをたっぷり


a0330332_05351469.jpg
こちらでの朝粥は、初めてでしたが、
大変吟味された食材で、シンプルそうで、実は、手間暇のかかったお料理
本当に美味しく頂きました。

初めて、瓢亭さんでお食事をしてから、20数年経っていますが
路地やお庭、くずやは、それほど変わったように思いませんでした

400年余りの歴史の中では、20年は短いんですね。




a0330332_05303001.jpg


a0330332_05310557.jpg


a0330332_05315634.jpg



a0330332_05312699.jpg


学びの1日でした








instagram @la_maison_de_septembre


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-09-02 10:56 | お花 | Comments(0)

ウチのバラ達


今年のウチのばら達

ピエールドロンサール


a0330332_20434645.jpg


a0330332_20455467.jpg

a0330332_20463543.jpg

イヴピアジェ



a0330332_20424046.jpg



お名前解らない子ちゃん


a0330332_20451053.jpg


a0330332_20443037.jpg


今年も、楽しませてくれて有難う。

また、来年お会いしましょうね。



by 2007skt | 2017-05-30 20:51 | お花 | Comments(4)

お花


a0330332_23325799.jpg


人生の2/3以上をお花と供に生きてきた・・・・・
いえ、もしかしたらそれ以上かもしれない

小さな子供の頃、シロツメ草をつんで、花冠や首飾りや
レンゲで腕輪を作ったり、そんな花遊びが大好きだった

ブーケを束ねたり、コンポジションをアレンジしている自分
これが私らしい私・・・と思える時


GWの始まりに
家族と家と私の為に生けるお花達



にほんブログ村


by 2007skt | 2017-04-30 23:46 | お花 | Comments(2)

お花遊び


a0330332_14132235.jpg


苦楽園にある、フラワーショップririnono さんの花遊びレッスンに参加させていただきました。

野原の一角を切り取ったような早春のコンポジション。

球根付きのムスカリ、球根もアレンジして・・・

大好きなミモザも、羽衣ジャスミンもたっぷり。

a0330332_14152312.jpg


只今、お休み中のお花サロンレッスン、何だかまた、やりたくなっちゃった(><)
お花大好き!!



a0330332_14172714.jpg


にほんブログ村


by 2007skt | 2017-02-27 14:17 | お花 | Comments(2)

新しいおともだち


a0330332_09172864.jpg


新しいおともだちが、我が家にやってきてくれたので、
歓迎の気持ちで、アップルリース、姫リンゴで作りました。


おともだちはこのこ


a0330332_09164066.jpg

バカラとシュタイフのコラボベアちゃん。
ぬいぐるみ好き、バカラも好きな私へ、素敵、知的女史様が
プレゼントしてくださいました。感激!!

本当に有難うございました。


我が家のリビングには、

a0330332_09154646.jpg

べべとエルミーも。
昨年製作した、ドライリースと一緒にクリスマスを待ちわびています。


皆様も、お健やかなに、温かなホリデーシーズンをお過ごしくださいませね。


by 2007skt | 2016-12-10 09:27 | お花 | Comments(0)

クリスマスリース


今年のXmasリースを製作しました。

今年は、よりナチュラルなものを作りたくって、オーナメントや松ぼっくり
大好きなリボンも使わず、生木だけで。

全体に同じように草木を配置したクラッシックと

a0330332_13285529.jpg


同じ草木をマスで使ったモダン

a0330332_13281720.jpg

どちらも好きです。

残った枝でクリスマスツリーも。
これは、おちびさんへプレゼント。
可愛く好きに飾ってね。

a0330332_13305479.jpg

毎年、飾るアーティフィシャルリース。

ドームのアートに合わせて、アンバーなこちら

a0330332_13313743.jpg


a0330332_13321592.jpg

おっきなスノーリースはアドベントキャンドルを中央にセット。

a0330332_13340146.jpg

昨年製作した、ドライフラワーリースも


a0330332_13365693.jpg

昨年、パンで作ったリースも。

a0330332_13380521.jpg


エントランスには、柊も。

a0330332_13334267.jpg



クリスマスが待ち遠しいね




にほんブログ村


by 2007skt | 2016-12-06 13:38 | お花 | Comments(0)

a0330332_12473586.jpg


今年のリースは、「プラチナシルバーグレイッシュリース」
を製作しました。

アーティフィシャルでも、プリザーブドでもなく、
より、ナチュラル素材に拘り、すべて、ドライフラワーで製作してみました。

数種類の植物やモスのドライを使用しています。
オーナメントも、かわいい小さな木の実と松ぼっくりでナチュラルオンリー。


a0330332_12480405.jpg

そこに、ノーブルな織り模様の美しいリボンとキラキラの付いたタッセルで、
少しアーバンな雰囲気を出しています。



a0330332_12483011.jpg
掛けリースでも、置きリースでキャンドルを中央に置いても素敵ですね。

黒いテーブルクロスの上だと、とってもシック。


a0330332_13183546.jpg





こちらのリース、オーダー製作を承ります。

発送もさせて頂きますので、右記ブロクのお問い合わせメールか、
私へ、直接お問い合わせ下さいませ。

大きさ 約30cm
価格  5000円(送料別途)

お気に入ってくださいましたら、嬉しく思います。

どうぞ、宜しくお願い致します。





by 2007skt | 2015-11-22 13:20 | お花 | Comments(0)

mini胡蝶蘭


a0330332_23515762.jpg

今、パウダールームには、ミニ胡蝶蘭。

濃い赤紫の斑入りが珍しい。
不規則な斑が、手書きのようで、本当に美しい。
こんな自然が描き出す美しい様を目にすると、とても感動します。

a0330332_23522493.jpg
ウチにお越しくださいましたら、
ぜひ、ご覧になってくださいませね。

by 2007skt | 2015-09-13 00:01 | お花 | Comments(0)

花遊びの会


フラワーショップ・リリノノさんの花遊びの会で、こんな涼しげなアレンジメントを製作させて頂きました。
先生のお見本と同じ花材、同じデザインなのに、仕上がりは、みんなそれぞれ少しずつ違って、
それが、生花の楽しいところ。

a0330332_16351286.jpg



自宅に持ち帰り、飾ろうとして、花器の淵を片手で持ち上げた瞬間、割れてしまった、痛恨のミス。
薄いガラスゆえ、重さに絶えきらずに持った箇所が、割れてしまった。
ショック!!反省しきり・・・

同じ花器がなく、かなりサイズの小さいものに活け替えて。
随分デザインが変わってしまいましたが、しばらくの間、ダイニングが爽やかに。

a0330332_15402541.jpg



by 2007skt | 2015-07-26 07:26 | お花 | Comments(0)