「ほっ」と。キャンペーン

la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


サファリガーデン


a0330332_12415720.jpg


南の島の楽園から帰国したばかりの "Boy friend”君 がお遊びに来てくれるので

EYEキャッチに、作ってみました。
アーティフィシャルでも人気な多肉植物にアニマル達を。
上手く愛キャッチとなってくれるかしら・・・


バスコートに飾ってもイイカンジ。

a0330332_12431577.jpg



アーティフィシャルフラワーのオーダーにつきましては、
右記メールアドレスより、問い合わせ下さいませ。
ご相談の上、お承りさせて頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。


by 2007skt | 2015-03-31 13:00 | アーティフィシャルフラワー | Comments(0)

a0330332_20432964.jpg

ピカピカのミニトマトが、八百屋さんに量り売りで山積みだったので、
今年も、セミドライトマトを作りました。

ワイン好きなお友達にプレゼントすると、いつも喜んで頂けて、嬉しい。


a0330332_20415874.jpg

作り方は、至ってシンプル。オーブンの低温で、乾かすように、焼くのですが、
私は、あえて、お塩はせずに作ります。
最近は、様々なお味の美味しいお塩があるので、
食べ方に合わせて、お塩を選ぶのも楽しいし、
サラダやパスタを作る時も、お塩加減が変わってくるから。
応用しやすいように、ノンソルト。

お色がきれいに仕上がるように、焦げてはいけませんから、
途中何度かお世話をしてあげます。
焼き上がってからも、秘密兵器(笑)を使ったりして。

昨年は、ハーブでしたが、今年は、ローストした松の実とドライガーリック
少しの唐辛子と一緒に、オリーブオイルに漬けてみました。
そのまま、ワインのおつまみでも美味しぃい♪


a0330332_20425962.jpg

モッツアレラチーズに松の実と一緒に載せて
結晶のようなスモークソルトをパラリ。

グラハムクラッカーには、バジルペーストを塗って
アンチョビクリームとローストガーリック。

あっ!!という間に出来ちゃう、ワインのお供。


by 2007skt | 2015-03-29 00:29 | お料理 | Comments(0)

「用の美」


a0330332_20135817.jpg

この螺鈿の美しいお皿は、小島雄四朗先生のお作。
先生は、民藝の人間国宝、黒田辰秋氏に師事された、漆木工芸家の大家。

先生に初めてお逢いした時、70歳は超えていらっしゃいましたが、
モダンなお作品も沢山製作されていらっしゃいました。
本当に気品があって、お声も、お話の仕方もとってもお優しくて、
穏やかで、微笑む笑顔が愛らしくて、先生もお作品も大好きです。
先生の個展で、その沢山のお作品から、このお皿に決めたのは、
高台にまでびっしりとはめ込まれた螺鈿の美しさです。

先生に、
「このお皿には、どんなものがよいでしょうか?お干菓子なんていかがですか?」
とお尋ねしたら、

「そうだね・・・。鮃の薄作りなんて、いいんじゃなぁい。」
と静かに優しく、お答えくださいました。

白く透き通る鮃のお造りの下に見える螺鈿、なんて素敵な一皿でしょう。
漆のお皿にお造り、それまでは盛ったことがありませんでしたから。

先生に教えて頂いた「用の美」です。

a0330332_20142937.jpg

今が旬の桜鯛を。
作者の解らない、アジアンティックな一輪挿し?なのか、
とっくりなのか?
このお皿に合うような気がして。

「先生、どうですか?」ってお尋ねしてみたい・・・・・。





by 2007skt | 2015-03-26 22:47 | お料理 | Comments(0)

a0330332_23181670.jpg
「サロン・ド・シャンティ」の優子先生に差し上げたいと思い
いちごのコンポートを作りました。


先生は、身体に良い食べ物、食材等にとてもお気遣いされていらっしゃるので、
さちのかいちごと白砂糖ではなく、金沢の老舗の飴屋さん「俵屋のじろあめ」と
少しのキルシュ、レモンで。

a0330332_23185408.jpg
(俵屋さんのH・Pより)俵屋のあめの原料は良質の米と大麦。砂糖がわたしたちの生活に入ってくる以前に、穀物の甘味を得た、先人の知恵。創業以来の技を今に伝える、職人の心。
百万石の城下町金沢の歴史とともに生き続けてきた、この食文化をしっかりと守りたい。それが俵屋のあめづくりに込める想いなのです。


優子先生との出逢いは、私の新しいページの始まりです。

本当に有難うございます。



a0330332_23204315.jpg






by 2007skt | 2015-03-24 08:09 | お菓子 | Comments(0)

「椿」と「雪柳」


a0330332_20151836.jpg


「母から、お庭の椿がとってもかわいく咲いているわよ。
雪柳もちらちらと綺麗だから、見にいらっしゃい。」

とお声が掛かって、早速、実家へ。
チョキチョキと、少しばかり頂いてきました。

中川木工芸に依頼して、モエ・エ・シャンドン社が「ドンペリニヨン」の為に造ったシャンパンクーラーに。


ピンク色ほっぺの女の子みたいな椿達。


a0330332_20180261.jpg







by 2007skt | 2015-03-22 21:55 | お花 | Comments(0)

ALSACE


a0330332_19572061.jpg
「ローズ・ソバージュ」 野生のばら

なんとも素敵なネーミングのアルザスワイン。

もう、記憶も薄れそうな昔、友人を訪ねてパリからアルザスに旅をした。
カーテンで仕切られただけの、寝台夜行列車。
アルザスの街並みは、パリとは全く違って、絵本に出てくるようなかわいいお家も。
美味しい、郷土料理にアルザスワイン。
アルザシアンは、ビズは3回だよって言って、そしてかならず、ハグも。

それからというもの、アルザスは、私にとって想い出深い特別な街。


先日、アルザスのビオワインの作り手、マルク・テンペ氏にお会いできる機会がり、
彼の造ったワインを、いろいろ試飲させて頂きました。
このワインは、ビンテージによっては、リリースされないワインで
次のリリースは未定。
もし、2014年がリリースされるとしたら、24ヶ月醸造なので、
お目に掛かれるのは、2017年。
もし、なければ、もっと先になるのね。
いつもは、ピノノワール100%の白(ロゼ?)ワインが、2011年は、ピノグリが30%
ブレンドされ、よりエレガントに。
玉葱の皮の色と称されるオレンジがかった色あい。
香しい果実の香りや、柔らかな丸い印象の酸・・・。

ホッとした、お休み前に、アルザスを想いながらの1杯・・・


a0330332_19580922.jpg


お気に入りのターコイズのソムリエナイフで。





~業務連絡(笑)~
バラの季節に、飲みに来てね。
あと、数本、セラーに寝ています。
クレマンダルザスから始めましょ。
アルザス料理作って、お待ちしていますので・・・。


by 2007skt | 2015-03-19 21:00 | 日々の出来事 | Comments(0)

さくらメレンゲ


a0330332_13131431.jpg

ポカポカと、春の日差しが気持ちいい今日、この頃。
さくらメレンゲとぶどう山椒のメレンゲを焼きました。



a0330332_13083571.jpg



昨年、サロンでお出しして好評だったのが、こちら↑




a0330332_13124632.jpg


今年は、バージョンUP!!↑ツブツブ見えるのは、いちごパウダー。

「Salon du Gateau」を主宰されていらっしゃる竹内先生と
ご一緒させて頂く機会があり、
その時に頂いた、先生のさくらメレンゲが甘酸っぱくてとっても美味しく、
ご丁寧にアドバイス下さったので、いちごパウダーに変えて作ってみました。
先生、ご親切に有難うございました。

また、皆様にもサロンで召し上がって頂きますね。


桜の開花が待ち遠しい・・・。


by 2007skt | 2015-03-18 15:42 | お菓子 | Comments(0)



a0330332_09563909.jpg

オーダー頂いていたピンクのアレンジメントが完成し、
お届けさせて頂きました。

「宝塚プリンセスサロン」と「エコール・ド・宝塚」インテリアセミナーを主宰され、
翻訳家としてもご活躍されていらっしゃる Rose様のサロンのテーブルが
160cm角とのことで、60cmもの大きなアレンジメントになりました。

とてもお気に入って頂けたようで・・・。
よかったです。

バレエもされていらっしゃるので、こちらもご一緒に。

a0330332_09031948.jpg
陶器のバレエシューズにキュートなアレンジを。
喜んで頂けて、何より嬉しいです。

大好きなお花を作らせて頂く機会を頂き
本当に感謝しています。
有難うございました。
a0330332_09022842.jpg


by 2007skt | 2015-03-15 09:51 | アーティフィシャルフラワー | Comments(0)



a0330332_08350304.jpg


まだまだ、思うようなフォトが撮れずお勉強中ですが、
エレガントなストラップを「Tasse-li-tasse」さんにオーダーして作って頂きました。
カメラケースに付けるタッセルもお揃いで。

a0330332_08415751.jpg

早速、付けてみました。革のお色が、カメラと全く同じ赤で、
ビーズの配色も品よく落ち着いていて、それでいて、華やかさも。

ひと針ひと針、丁寧に仕上げられたお品は、アート作品のように美しい。


私は、手芸やクラフト、手仕事が大好き。ビーズ刺繍も。
初めてビーズ刺繍作家の田川啓二先生のお作品を拝見した時の感動は
言葉に表せられないほど。
ただ、ただ「素晴らしい!!」のひとこと。

幸運にも、田川先生にお逢いする機会に恵まれ、
レッスンを受けて作品集にサインまで。
その美しいページを毎日めくっていた日々の事を思い出しました。

a0330332_09361859.jpg


そして、「Tasse-li-tasse」さんから、こんな可愛らしいブローチを頂戴しました。
小ぶりですが、さまざまなアイテムで作られたハート、存在感は大です。
シルバーラメの薄手のセーターには、ジュエリーより優しい輝きのビーズや
スパンコールがステキです。      有難うございました。
a0330332_09385029.jpg


「Tasse-li-tasse」さんの手から、私の手へ・・・
大切に使わせて頂きます。

Merci beaucoup !!




by 2007skt | 2015-03-13 23:23 | 日々の出来事 | Comments(0)

a0330332_19425576.jpg

いつもお花サロンにもご参加下さる、お花大好きマダム様。
ご自宅のお庭にも、薔薇がいっぱい。

1DAYフリーデザイン・アーティフィシャルフラワーのレッスンをリクエストして下さり、
4月にお越し下さる事になりました。
いつも、有難うございます。

ご希望は、大~きなパニエにグリーン&ホワイトで。
とてもセンスの良いマダム様をイメージして、花材を選んでみました。

ワイヤリング、頑張りましょうね。
とても楽しみにして、お待ちしています♪



by 2007skt | 2015-03-12 17:06 | アーティフィシャルフラワー | Comments(0)