la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧



a0330332_11261309.jpeg

12月のサロンでは、クリスマスディナーらしいお料理をレッスンしますよ。

こちらのパイの膨らみ方、こんな感じです。

a0330332_11263646.jpeg
この立ち上がり方、パイ生地の被せ方、閉じ方に工夫があります。
そんな、ちょっとしたコツをお伝えさせて頂きますね。

フィリング(中身)は、レッスンの時のお楽しみで。


パイを載せている、このお皿

a0330332_11465485.jpeg


Cartier らしい、パンサーとビジュー柄。
30年近く以前、お友達とパリへお遊びに行った時に買い求めたもの。

キラキラ輝く宝石には、目が向かず、この食器セットに釘づけ!!
何てかわいらしいのかしら!!
ということで、はるばるパリから、連れて帰って来ました。


皆様にお会いできますのを、楽しみにしていますね♪

*** サロンの ご参加についてのお問い合わせは
ブログ記載アドレスのお問い合わせメール、あるいは、ご紹介者様を通じて、
お尋ね頂けましたら、と思います。
どうぞ、宜しくお願い致します。***




by 2007skt | 2015-11-29 11:57 | サロン通信 | Comments(0)

a0330332_02080192.jpeg
種子島から、安納芋をお取り寄せしました。

12月のクリスマスサロン、テーマは、「URBAN X'MAS NIGHT」

メイン料理、去年は、ソースいらずのミートローフ、
おととしは、本格ローストビーフにグレイビーソース・・・。
今年は、ほろほろに、ほどけるまで煮込んだ和牛すね肉の煮込みに決定。

それに、添えるお野菜料理・・・ずっとあれこれ考えていました。
王道の、ジャガイモのピューレやドフィノワは、以前レッスン済み、
キャロットピューレもありきたり・・・。

そんな時、これだわ!!と思う出会いが、「鉄の民家サロン」でありました。
とっても美味しい安納芋のデザートを頂いた時です。

12月のサロンでは、安納芋はシンプルに煮込みのソースと一緒に
召し上がって頂こうと思います。

煮込み料理は、まるでレストランのようなお味です。
今回は、ドミグラスソースやフォンドボーも使わず、
いつも身近にある、お材料で作りますよ。

a0330332_02294652.jpeg
a0330332_02302802.jpeg
ブールマニエも使わない、モンテもしない、
スッキリと仕上げたソースに、何も加えなくても甘ーい安納芋の組み合わせ。
楽しみにしていて下さいね。


by 2007skt | 2015-11-29 01:23 | サロン通信 | Comments(0)

何処から来たの???


a0330332_21450567.jpeg

お客様がいらっしゃるので、和室に草木を生けていたら、
ひらひらひら・・・と、レモン色の小さな蝶々が
「あなた、何処から来たの? 今はもう晩秋なのよ」
まるで、春の訪れを知らせるかのような、かわいい蝶々。
壁に止まって、全く動かない。
明日のお客様をお迎えしてくれるのね。

何だか、幸せ気分。




a0330332_21444678.jpeg

by 2007skt | 2015-11-26 23:29 | 日々の出来事 | Comments(0)

a0330332_12473586.jpg


先日のブログをご覧下さった、マダムオータム様が、リースをオーダーして下さり、
早速、お届けさせて頂きました。


お花大好きマダム様、お気に入って頂けて嬉しいです。

本当にいつも、有難うございます。

マダム様ファミリーが、幸せいっぱいのホリデージーンズを、お迎え下さる事を
心からお祈りしています。

by 2007skt | 2015-11-25 12:40 | サロン通信 | Comments(0)



プランターで育てているハーブを練り込み生パスタを作りました。
生パスタは、サロンでも、2回ほどレッスンしましたね。

手ごねの生地に、摘んだばかりの、セージ、タイム、ローズマリー、ミントを
ミックスして、パスタマシーンにかけて、伸ばしていきます。


a0330332_18563344.jpeg



a0330332_17221514.jpeg


シンプルに、ファゾレッティ

a0330332_17224902.jpeg
とクリームチーズのラビオリ。
取りあえず、生地の感じを知るために、詰め物は簡単に。

a0330332_17223271.jpeg

茹でたてに、オリーブオイルと赤ワイン塩

a0330332_18454150.jpeg

シコシコした、食感。
噛むと、いろんなハーブの香りがふわぁ~と広がります。
うん、なかなか、イイカンジ!!

少し気が早いけど、春になって、ハーブがもっと育ったら
サロンでお出ししたいの。
エディブルフラワーでも、かわいい。

パスタ大好き!!





by 2007skt | 2015-11-24 20:33 | お料理 | Comments(0)

a0330332_12473586.jpg


今年のリースは、「プラチナシルバーグレイッシュリース」
を製作しました。

アーティフィシャルでも、プリザーブドでもなく、
より、ナチュラル素材に拘り、すべて、ドライフラワーで製作してみました。

数種類の植物やモスのドライを使用しています。
オーナメントも、かわいい小さな木の実と松ぼっくりでナチュラルオンリー。


a0330332_12480405.jpg

そこに、ノーブルな織り模様の美しいリボンとキラキラの付いたタッセルで、
少しアーバンな雰囲気を出しています。



a0330332_12483011.jpg
掛けリースでも、置きリースでキャンドルを中央に置いても素敵ですね。

黒いテーブルクロスの上だと、とってもシック。


a0330332_13183546.jpg





こちらのリース、オーダー製作を承ります。

発送もさせて頂きますので、右記ブロクのお問い合わせメールか、
私へ、直接お問い合わせ下さいませ。

大きさ 約30cm
価格  5000円(送料別途)

お気に入ってくださいましたら、嬉しく思います。

どうぞ、宜しくお願い致します。





by 2007skt | 2015-11-22 13:20 | お花 | Comments(0)

柚子茶 と いろいろ


a0330332_20160946.jpeg

昨日届いた柚子。

すっかり、はだかんぼう(笑)

昨年は、ミヒャンシッタンのM先生のレッスンで作った柚子茶。
今年は、参加できないので、私なりに作り方をアレンジして、自主製作。
もくもくと、ひたすら皮ムキ、ムキ、千切り、キリキリ。

まずは、柚子茶完成!!

a0330332_20443671.jpeg

それから、柚子ペーストも作りました。

a0330332_20163751.jpeg
これは、冷凍しておいて、
手打ちパスタに練り込んだり、ドレッシングを作ったり
お料理やお菓子に使います。

果汁を絞って残った皮や種をことこと炊いています。

a0330332_20170001.jpeg

これで、ペクチンを抽出できます。

柚子の皮の白い部分、柚子茶の時には使いませんが、
動脈硬化の予防になったり、とっても体に良い成分がいっぱい。
ですから、皮全部や果汁と採れたペクチンで
ジャムとゼリーの中間のような、これを作りました。

a0330332_20172760.jpeg

ケーキに混ぜ込んでも、ヨーグルトにでも、お紅茶にでも
柚子茶のように溶かして飲んでも。
少し、ほろ苦さもあって、良い感じです。


12月のサロン、クリスマスレッスンに使いますね。

全部、出来上がって

a0330332_20180441.jpeg
お茶TIME・・・・・。ふぅ~。

細やかな、お福分け、お楽しみ下さったら嬉しいな・・・。


by 2007skt | 2015-11-20 20:52 | お料理 | Comments(0)

無農薬柚子




a0330332_21284898.jpeg

山梨県増穂町穂積地区の無農薬の柚子が届きました。
この地区の柚子は、皮が軟らかく苦味が少ないのが特徴。

そして、ちらの柚子は全て種から育てたもの。桃栗3年、柿8年・・
の歌の続きでも歌われるように、ゆずは実るまでに18年もかかるそう。

もぎたて、新鮮なうちに

4kg、がんばろっ!!




by 2007skt | 2015-11-19 21:31 | お料理 | Comments(0)

色彩学


a0330332_20073907.jpeg

色相環の課題、完成!!


インテリアを学んでいた時にも、配色カードを用いたり、
カラースキームを考えたり、「色」についての講義があったり

フラワーデザイナー、コーディネーターの立場からもお勉強会等で
学んできた「色」ですが、
東京の青山表参道にある「色」を専門にしたカラボレーション代表の鳥沢久美子先生
の元で、改めて学び直しています。

座学で学ぶこと、
経験や体験で養われること
生まれ持ったもの

どれも、大切。






by 2007skt | 2015-11-19 09:46 | 日々の出来事 | Comments(0)

a0330332_09534013.jpg


今月は、晩秋がメインテーマでしたので、
お花も、和で、紅葉等の照り葉や落ち葉を使ってデコレーションしています。

エントランスには、ドライになった枝やいが栗を、
大蔵信一先生に作って頂いた、ワインの樽に漆をかけた長板皿に。

a0330332_17075740.jpeg
a0330332_23111376.jpg


テーブルには、陶器や漆の蓋物に投げ入れで生けています。
いずれも、花器ではありませんけど。


a0330332_09552265.jpg

a0330332_09545544.jpg

a0330332_09540408.jpg

a0330332_09525087.jpg
お部屋の角には、古民具の桶に。


a0330332_09522268.jpg

ガラスの床の間にもお飾りを。


a0330332_09554399.jpg

a0330332_09531574.jpg

リビングには、菊や、きいちごの葉を、大きな漆器と小さな花器を
組み合わせて生けてみました。




a0330332_09480348.jpg

今月使わせて頂いた器は、vol.1.2でアップしましたが、和食器でも、
土もの、塗り物で、コーディネートしました。

「晩秋」ですので、雅やかな石ものでなく、焼き締めや織部、
麦わら手など、落ち着いた色合い、ざっくりした質感のあるもので。
其々の作家の先生方の個性ある器を楽しんで頂きたいなという思いで
選びました。

派手さはないけれど、温かみのある陶器に親しんで頂きたいな、と思い、
レッスンでは、土ものの使いかた、お手入れのお話もさせて頂きました。

いつもと違ったお部屋で、お座布団にお座りいただいて、くつろいだ雰囲気
のレッスンでしたね。

有難うございました。


by 2007skt | 2015-11-17 17:12 | サロン通信 | Comments(0)