la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

11月サロンレポ「ワインセミナー&ランチ」


a0330332_12022059.jpg

今月は、ボージョレーヌーヴォー解禁に合わせ、ワインセミナー&ランチの
ワンディオンリーサロンでした。

最近は、ヌーヴォーブームはもう落ち着いて、あまり騒がれなくなりましたよね
私は、毎年必ず数種を楽しんで、飲んでいます。

パリに居ころ、解禁日に友人と街に出て、キャフェやビストロで、
ヌーヴォーを飲んだ事を懐かしく思い出す日でもあります。

決して、マスコミに騒がれた、ブームに乗っているのではなくって
ワインは、テロワールに左右されるぶどうという農産物で出来ています
一生懸命育てたぶどうがやっと収穫出来て、ワインとなる。
もともと、地酒としての飲まれていたヌーヴォー
ぶどう農家さんや作り手さんが、無事今年も収穫できワインが出来き、
よかったよね~!!今年の出来はどうかな?
その嬉しさをお祭り気分で分かち合い喜ぶ!!

ワイン好きの私も、また今年も新酒が飲めてうれしいな♪の気持ちなんです。
ですので、今年は、サロンでみんなで楽しもう!!
で開催させていただきました。



a0330332_12014925.jpg





ボージョレーヌーヴォー、飲んだことあるけど、
それって、普通のワインと違うの?
ボージョレーて、どこ?に始まり
コンビニオリジナルもあるけど、なぜ?
どうして、収穫後2カ月足らずで美味しく飲めるの?
等々、え〜‼︎目からウロコ!!のお話や、
私の若かりし頃、懐かしのフランス時代、
ワイン産地行脚の写真を見て頂き「先生、若~い!!」のお声(笑)有り

当日、ご用意したワインは、こちら。




a0330332_13231723.jpg


規定上は、ボージョレーヌーヴォーとは、いえませんが、
ボージョレーの泡から、スタート。

神様といわれた、マルセルラピエールの遺志を引き継いだもの
ワンランク上のヴィラージュもの
赤ばかりではつまらないので、
先日、訪れた、大阪地ワイン堅下ワイナリーで求めた白の新酒
の4種と、デザートに使ったアップワインも
お供のランチは、




a0330332_13234272.jpg






ブルゴーニュ料理も取り入れて、ワインに合うメニューで

クリームチーズ、カッテージチーズのサーモンタラコバジルディップ
タブレのショルダーハム、みかんドレッシングサラダ、からし菜と
マグロ、アボカドのタルタル、山芋クリーム
ニンジン、パプリカのフルーティースープ、カカオオイル
いろいろビーンズ、ツナ、セロリのディジョン風マスタードサラダ
エスカルゴ、シャンピニオンブルギニヨン
フォアグラ、ブイヨンライスの赤ワインベリーソース
ブッフブルギニヨン、キタアカリマッシュ

スモークナッツ、チーズ
クルミパン、バゲット、クラッカー
バナナ、りんごのケーキ、りんごのアップルワインシナモンソース
アップルワイン
安渓鉄観音茶




今回は、ワイン好き様、ワンデイ限定の募集でしたので、
本当に和気藹々と楽しい会となりました。


今月のお花は・・・・・

エントランスで皆様をお迎えしたのは、椿です。

a0330332_13342704.jpg




サロンの中のお花は、



a0330332_12300280.jpg


a0330332_13341160.jpg


a0330332_13332201.jpg




テーブルの上はツェツェの「4月の花器」にダリア、アンスリウム、
デンファレ、アイビーでした。





a0330332_16383358.jpg




いつも、いつも、ご参加頂き、本当に有難うございました。
来年も、のリクエストを、有難うございます!!





にほんブログ村


by 2007skt | 2016-11-23 13:42 | サロン通信 | Comments(0)