la maison de Septembre septembres.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

salon通信 ・日々のこと 


by petite S
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

2016年 01月 03日 ( 1 )


おウチでおせち・1月2日


a0330332_22374963.jpg
a0330332_11230097.jpg


2日は、おウチでおせちを頂きました。
今年は、荒川先生のガラスのお重に盛り込みましたので、
テーブルウエアーも、重くなり過ぎない、モダンな和食器で。

先ずは、毎年お願いしている、九谷焼の干支盃でお屠蘇を。


a0330332_22390378.jpg

もう2日なので、気軽な食器とセッティングです。

ARITAのお皿は、サロンでは、一昨年は中華、
昨年は、韓国料理レッスンで使いましたが、本来の和食で(笑)

金色松の長皿、白漆の中皿、大蔵信一先生のお椀は、
年末に初めてお伺いさせて頂いた苦楽園の「銀屋」さんで求めたもの。

お箸袋は、銀屋オーナー様がお心遣いで下さった、吉祥模様が型押しの
お懐紙に水引飾りを付けて、作ってみました。

a0330332_22382125.jpg



お飲物は、こちら。


a0330332_22394623.jpg



日本酒・作(zaku)の限定、「H」は、ハッピーの「H」
と同じだからこれを。
開けたては、かすかに微発泡。
始めの一口にメロンのようなフルーティーさを感じますね。

シャンパーニュは「infinite8」
お正月に相応しい、おめでたいエチケットと名前。末広がりの「八」です。
水引?リボン?のようにみえるピンクの∞(無限大)マークは
温度が冷えるとピンクに変色する仕掛けです。
小さなメゾンの生産量の少ないモダンシャンパーニュです。
これを、若松のような緑美しい、バカラのグラスで。

CUVEE8は、通常NVの3倍以上の熟成期間を経ているので
深い味わいと、白葡萄と黒葡萄のバランスの良さを
感じます。作り手の丁寧さが、伝わってきます。

どちらも、今年のお料理にとても合っていて、美味しいです。

まだまだ、続くお正月気分♪

次回、おせち料理のお献立をアップさせて頂きたいと思います。


by 2007skt | 2016-01-03 20:57 | 日々の出来事 | Comments(0)